救急救命法
@倒れている人がいたら?
A気道確保・人工呼吸の仕方
B心臓マッサージはどのようにするのですか?
C心室細動とはどんな不整脈ですか?
DAEDを使うと必ず助かりますか?

救急救命の詳しい方法・注意点(交通事故・災害など).救急救命法講習会
AEDの使用方法
AEDの種類.価格など(家庭、教室などに備えたいと考えている人に)

@倒れている人がいたら?

1) 声をかけてください。
2) 反応がなかったら、119番に連絡してください。
3) 息をしているかどうか確認してください。
   確認の結果、反応がなかったり鈍い場合は、気道確保を行う。


4) 呼吸をしていなければ、近くの人にAEDを持ってきてもらうよう頼んでください。
   AEDが来るまでの間、心臓マッサージ(胸骨圧迫)を休まずに行ってください。
5) AEDが到着したら、すぐに胸を裸にして、電極パッドを貼ってください。
   (金属をはずし、ペースメーカなどの出っ張りがあればそこを避けて、濡れている場合はふいてから貼ってください)
傷病者の右胸上部の鎖骨の下あたり


左胸部の脇の下5〜6cm下あたり
6) AEDの音声による指示に従ってください。
7) 電気ショックが必要と音声が指示したら、倒れている人の体に誰もさわっていないことを確認してください。


8) ボタンを押して、電気ショックをかけてください。
9) 電気ショックをかけたら、AEDの電極を貼ったまま、すぐに心臓マッサージを再開してください。
10) 2分後に、自動的にAEDが再度、電気ショックをかけるかどうか判断し、音声による指示があります。
11) 意識が戻ったら、倒れている人の体を横にして、楽にして救急車の到着を待ってください。
    AEDのパッドは貼ったままにしておいてください。
   イラスト:日本心臓財団発行「健康ハート叢書:人が急に倒れたとき より転載しました


A気道確保・人工呼吸の仕方


気道確保は、空気が肺まで楽に通るように、気道のつまった状態を除く方法で、心肺蘇生法の中で最も重要な、基本手技である。
意識がなく、呼吸もできずに死亡する例の中には、気道の確保ができていれば助かったと思われる例も少なくない。
また、気道が開通していなければ、どんなに人工呼吸を行っても効果はない。
呼吸ができるようであっても、意識がない時は、気道を確保した体位を保つ事が必要である。
横向きの体位にすれば、胃の内容物が逆流しても、ひとりでに口の外に流れでやすくなる。
ネクタイ、ベルト等衣服はゆるめ、


1.片手を額に当て、もう一方の手の人差指と中指の2本を顎先に当てこれを持ち上げ気道を確保する。
呼吸の確認


1.気道を確保した状態で自分の顔を傷病者の胸部側に向ける。
2.頬を傷病者の口・鼻に近づけ呼吸の音を確認するとともに自分の頬に傷病者の吐く息を感じとる。
3.胸腹部を注視し胸や腹部の上下の動きを見る。

人工呼吸の仕方

1.呼吸がなければ人工呼吸を開始する。
2.気道を確保したまま、額に当てた親指と人差指で鼻をつまむ。
3.大きく口を開け傷病者の口をい、約2秒かけて500ml〜800ml(10ml/体重1kg)ゆっくり1回吹き込む。
4.吹きこんだあと、顔を胸部側に向け、胸の動きと呼気を確認してからさらに1回吹きこむ。


B心臓マッサージはどのようにするのですか?

救命救急の国際ガイドラインおよびそれに準じた「救急蘇生法の指針」
(日本救急医療財団心肺蘇生法委員会監修、へるす出版)では、最初に人工呼吸を2回行った後、
心臓マッサージ(胸骨圧迫)を30回行い、人工呼吸2回を繰り返す方法が標準となっていますが、
2008年3月に、一般市民では人工呼吸を行わず心臓マッサージだけでよいという声明がアメリカ心臓協会(AHA)より出されました。

心臓マッサージは、動かない心臓に代わって全身の臓器に血液を送り込み、
臓器が酸素不足で働かなくなってしまうのを防ぐ重要な救命方法です。
倒れている人の
胸の真ん中(乳頭と乳頭を結ぶ線の真ん中)に手のかかとの部分を重ねてのせ、
肘を伸ばしたまま真上から強く(
胸が4〜5センチ程度沈むまで)押してください。
押した後には瞬時にその力を緩めますが、手が胸の真ん中から離れないよう、ずれないようにします。
これを
1分間に約100回の速さで繰り返し続けます。


最近の研究では、心臓マッサージと人工呼吸の両方を行った場合の救命率よりも、
心臓マッサージだけを行ったときの救命率のほうが高いことや、
心臓マッサージによって心室の細胞が元気になり、AEDが効きやすくなることなども明らかにされています。

もし、倒れた子ども(8歳未満)のそばに、あなた一人しかおらず、その子どもの意識・呼吸がない場合には、
気道を確保して2分間心臓マッサージを行ってから、119番に通報してください。

C心室細動とはどんな不整脈ですか?
人が倒れて意識を失った場合、心臓が心室細動という不整脈を起こしている可能性があります。
心臓を動かしている電気系統(心臓の筋肉の一部から発信された微量の電気が伝わるしくみ)が何らかの原因で混乱すると、
リズミカルな収縮が行えなくなります(不整脈)。
その不整脈の中でも、とくに心臓の血液を全身に送り出す場所(心室)がブルブル震えて(細動)、
血液を送り出せなくなった状態(心停止状態)を心室細動とよびます。この心室細動が起こると、
脳や腎臓、肝臓など重要な臓器にも血液が行かなくなり、
やがて心臓が完全に停止して死亡してしまう、とても危険な状態です。
心臓が原因の突然死の多くは、この心室細動を起こしています。

D使うと必ず助かりますか?
AEDは心室細動を治療する器械です。胸に貼られた電極パッドを通して、心臓の状態を自動診断し、
心室細動と判断した場合だけ、電流を流す指示を出します。心室細動以外の不整脈や心停止、
あるいは呼吸や意識などがある場合には電気ショックの指示を出しませんし、
間違ってボタンを押しても作動しません。ですから、助けることができるのは、
心室細動を起こしている人だけです。
また、心室細動であっても、必ず効果があるとは限りません。
もともと心臓が弱っている人の場合や、電気ショックを行うのが遅れたときなどは、使っても救命できないこともあります。
しかし、使わなければ助かる可能性はずっと低くなりますし、使って状態が悪化することもありません。
できるだけ早く(
3分以内が望ましい)電気ショックをかけるのがよいとされています。

inserted by FC2 system